ヤミ金の取り立ては違法にあたることがある

ヤミ金の違法な取り立てが、随分前に社会問題となったことがありました。連日ニュースで報道され、ヤミ金の取り立ての酷さと恐喝などが問題となりました。ヤミ金の取り立ての場合に、恫喝や恐喝、脅し、チャイムの連打、大声で怒鳴るなどの行為がありますが、これらは全て違法となっています。(もっと詳しくヤミ金の取り立て方法を知りたい人は⇒http://xn--m9j4i4at0fyb8az670drjzd7d4b.com/)そのため、その証拠の映像などがあれば、すぐに訴えられることも多々あります。このような厳しい恫喝などが相次いだことから、警察や弁護士などに相談をおこなうと、対策をたててくれることがあります。また、何度も電話がかかってくることや、電話にも脅しのメッセージなどが残っていることも、これらも違法となっています。とても厳しい恫喝などをされた人が、自殺などをされたことが過去に相次ぎ、これらの問題が重要視されることになりました。また、家族が追い詰めれれて自殺してしまったケースなども過去にあり、大きな問題となりました。このように、恫喝や恐喝などは訴えられたら負けるケースがほとんどです。

ヤミ金は取り立てのためにドアに貼り紙をする

ヤミ金の取り立て方法の1つに貼り紙があります。家のドアのところに返済を迫る内容を書いた貼り紙をしておくのです。テレビドラマなどではドア一面に貼ってあるのを見かけますが、一番多いのはドアと壁の間に貼る方法です。こうするとドアを開けると紙がはがれるので、家の住人が帰宅しているのがわかるからです。いつまでも返済しないままでいると、今度はドアだけではなく家の近くの壁や電柱などにも貼っていきます。周囲の人に借金を返済しない事を知らせて、連絡してくるようにしたりお金を返済させるためです。その他にも早朝や深夜に家までやってきたり、昼夜を問わず電話をかけてきたりします。また自分の家だけではなく職場や親の家、親戚など関係ないところにも取り立てにやってきます。このようにヤミ金からお金を借りて返済できないと厳しい取り立てにあうことになります。返済できないというと新たにもっと利率の高いヤミ金を紹介される場合もあります。こうしているうちに借金の額が膨れあがりいつまでも返済できなくなるのです。

ヤミ金の取り立ては会社まで及ぶのか

ヤミ金は、貸金業法において貸金業登録を行っていない無登録貸金業者や登録を行っていても違法または違法に近い状態で営業している貸金業者を指します。前者は存在そのものが違法となっていますが、後者はグレーなところがあり、通常の貸金業者と判別するのが困難です。一般にヤミ金は、貸し付けに対する信用力のハードルが低く審査に通りやすいもので、そのため収入などが少なくお金を借りるだけの信用力がない人や、すでに登録貸金業者からの借り入れを行っており、その貸し付け限度額に達して新規の借り入れが出来ない人などが利用する傾向にあります。一方でヤミ金では強引な取り立てなどが以前は問題になり怖い存在として一般には認知されています。しかし、現在は貸金業法の規制強化などもあり取り立ては昔ほど強引ではない傾向にあります。また会社にまで取り立てに行くこと自体は貸金業法で規制されており、ヤミ金といえども強引には出来ない事情があります。